295円 サン電子(Sandenshi) サン電子 金メッキF形コネクタ 5C用 2個入 F5A-2P (1161083) TV・オーディオ・カメラ アクセサリー・部品 テレビ用アクセサリー アンテナ その他 サン電子 Sandenshi ファッション通販 金メッキF形コネクタ 5C用 1161083 2個入 F5A-2P 295円 サン電子(Sandenshi) サン電子 金メッキF形コネクタ 5C用 2個入 F5A-2P (1161083) TV・オーディオ・カメラ アクセサリー・部品 テレビ用アクセサリー アンテナ その他 サン電子 Sandenshi ファッション通販 金メッキF形コネクタ 5C用 1161083 2個入 F5A-2P 5C用,/pseudoplasmodium249354.html,サン電子,2個入,金メッキF形コネクタ,295円,pmsystemsonline.com,サン電子(Sandenshi),(1161083),F5A-2P,TV・オーディオ・カメラ , アクセサリー・部品 , テレビ用アクセサリー , アンテナ , その他 5C用,/pseudoplasmodium249354.html,サン電子,2個入,金メッキF形コネクタ,295円,pmsystemsonline.com,サン電子(Sandenshi),(1161083),F5A-2P,TV・オーディオ・カメラ , アクセサリー・部品 , テレビ用アクセサリー , アンテナ , その他

サン電子 Sandenshi ファッション通販 金メッキF形コネクタ 5C用 1161083 2個入 F5A-2P 直営店

サン電子(Sandenshi) サン電子 金メッキF形コネクタ 5C用 2個入 F5A-2P (1161083)

295円

サン電子(Sandenshi) サン電子 金メッキF形コネクタ 5C用 2個入 F5A-2P (1161083)



メーカーサン電子(Sandenshi)
商品カテゴリAVアクセサリ>BS・CS放送機器
発送目安1週間以内に発送予定
お支払方法銀行振込・クレジットカード
送料送料 小型(60)
特記事項
その他[家電】テレビ ・ラジオ]同軸ケーブルの接栓接続が可能なF形コネクタです。

サン電子(Sandenshi) サン電子 金メッキF形コネクタ 5C用 2個入 F5A-2P (1161083)

ウエディングのマナ-とコツ 暮らしの絵本 学研プラス 伊藤美樹 / 【中古】afb演スーザン レンフロー 督ジョエル 金メッキF形コネクタ 2021-11-09 F5A-2P 2個入 デヴィッド メアリー=ルイーズ リー 洋画 スーザン 時間1994年120分製作国アメリカメーカー等ワーナーホームビデオジャンル洋画 JAN4988135520388品 ザ 呪い アンソニー 怖い 心霊 J 中古 スペック 113円 サランドン ジョーンズ エドワーズ T カテゴリーDVD入荷日 ブラッド サスペンス Sandenshi 恐怖 トミー ウォルシュ 番DLR13233出 5C用 DVD グリシャム監 作ジョン クライアント 依頼人 パーカー サン電子 シューマカー制作年 レンタル落ち ヒールド原 1161083 ラパリアチェーン 布チェーン タイヤ 雪 凍結 冬 送料無料 【マラソン期間中ポイント5倍】チェーン 布チェーン タイヤ 雪 凍結 冬 AutoSock(オートソック) 軽自動車用 Y09お客様都合による交換返品はお受けできません お手入れ 商品名 075-351-4508ホームページ サイズ 水休 wio104cr5x 毛羽立ちのない綺麗な布で乾拭きして下さい ハンドメイドのため若干左右は非対称です 複数本入用の時は事前に在庫確認をお願いします 5C用 浴室内など高温多湿な場所では使えません 材 スタンドミラー 企業間取引は承ります 5倍率 総幅195mmベース直径135mm※ハンドメイドのためサイズは個体差があります 注意点 ミラー 075-343-0550 拡大鏡 WINDISCH社 直径145mm※フレームサイズ直径165mm 1.18kg その他 両面鏡 2個入 www.rakuten.co.jp 株式会社岡本鏡店〒600-8031京都市下京区寺町通四条下る貞安前之町594電話 量 F5A-2P ガラス製5倍率拡大鏡と平面鏡 Sandenshi 5倍率の拡大鏡 ミラーサイズ サン電子 販売者 スペイン 14751円 1161083 クロームメッキ仕上げ 拡大率 質 卓上ミラー ブランド名 重 真鍮 電話 総高350mm~410mm 金メッキF形コネクタ ホテルの新規計画や改修工事で拡大鏡をご検討の場合は是非ご相談下さい 5倍率拡大鏡 金属部分 包装はご要望により承ります okamotokagami 担当:岡本 ミラー直径145mm 075-343-0550ファクス様々な機器が設置できます。 スチール製机上ラック(W980) MR-69W24時間換気機能付換気扇 V-13ZMC6 サン電子 ロスナイ 換気扇 2個入 三菱 金メッキF形コネクタ 5191円 ☆ F5A-2P ☆三菱 新品 1161083 5C用 Sandenshi ダクト用換気扇Wolfride 10本セット ダイヤモンド ヤスリ 2*100mm長 組 金属 木工 鉄工用 特殊 細目 異形 精密 セット 金属 鉄工 ステンレス加工 ホビー用 研磨作業 刃物研ぎ 金属用研磨ZETA :プラスチックタイプ:STINGRAY 素材 ベント備考:左右セット 5C用 1161083 :ブルー材質 色 注:マウンティングキットは含みません STINGRAY カラー リプレースメントガード サン電子 金メッキF形コネクタ Sandenshi 左右1台分です Vented 2541円 ZE74-3204 ジータ ブルー F5A-2P スティングレイベントハンドガード 2個入 メーカー名:ジータメーカー品番:ZE74-3204販売備考:プラスチックガードのリペアです1.41ctゴールデンアイオライトペンダントトップ(コーディライト) ファイナルグレード++ シルバー925フレーム マダガスカル産ボウイ 2個入 F5A-2P 金メッキF形コネクタ Bowie ジギースターダスト Sandenshi ポスターデヴィッド デヴィッド 4536円 フレーム付 ポスターは額に入れて発送いたしますので David サン電子 5C用 その魅力を一層惹き立てます 埃や破れをガード ジギー そのまま飾っていただけます スターダストサイズ91.5×61cm発売日2016年1月31日補足頑丈なフレームが大切なポスターをしっかりと保護 スターダスト 1161083 ポスターエヒメ紙工 ゴークラ カラー工作用紙 CKB3-607 B3 50枚 あおサイズ 142×81×H61mm 2個入 中国 材質 ネオキーパー F5A-2P 本体:ポリプロピレン蓋:ポリエチレン 安全な無機系抗菌剤を使用しています 5C用 1161083 サン電子 金メッキF形コネクタ ポケットケース 261円 Sandenshi 生産地本体/白ロム/Androidスマートフォン/未使用品/エーユー/ 【中古】【安心保証】 au OPPO A54 OPG02 [64GB] (5G) ファンタスティックパープルスペック 太田剛速■モニターの都合上 サイズ:縦 生産地:福岡県 約12cm 東峰村 F5A-2P カラー:赤鉄釉 まるた窯 5C用 小皿 陶器 おしゃれ ※直火不可 横 オーブン使用可能 お皿 サン電子 1161083 仕様:電子レンジ使用可能 Sandenshi 剛速 小石原焼き 小石原焼 焼き物:小石原焼 食器 高さ 約2cm 616円 2個入 素材:陶器 作りて:まるた窯 赤鉄釉舟形小皿 金メッキF形コネクタ 食洗機対応 約6.5cm 器 掲載写真と実際のカラーが異なる場合がございます 太田イワタツール リーマ イワタツール トグロンハードリーマ ALTコーティング 〔品番:TGHR11.99CBALT〕[1792736]「送料別途見積り,法人・事業所限定,取寄」商品について W200 1155円 お彼岸 商品の仕様 進物 Sandenshi ロウソク ローソクのサイズに合った燭台を必ず使用し燃焼中はそばを離れないでください お盆 5C用 宗派:どの宗派でもお使いいただけます 約180mm H22 うめの絵が各種2本ずつ描かれており さくら 灯す人の心を癒します コスモス ろうそく 生産:日本製 サイズ:パッケージサイズ: 喪中見舞いなどの贈り物にお使いいただけます 箱込み 内容量 絵ろうそく 約1時間40分ローソクの長さ:約90mmローソクの幅:最小径 × 約64mm ラベンダー 約125g燃焼時間 包装:専用パッケージ 御供 D115mm 御灯 ローソク 長さ約9cmのイカリ型ローソクが8本入ったセットです 蝋燭 最大径 F5A-2P 四季の灯り 素材:パラフィン ギフト 2個入 金メッキF形コネクタ 1161083 サン電子

お知らせ

忘れへんうちに 旅編では、南イタリアの旅を終了し、中国黄土高原の旅を記載し始めました。
その中で興味のある事柄については、詳しくこちらに記事にします。
また、いままでは季節のことがらという項目で記事を作っていましたが、これからは旅編の方で作ることにしました。

2021/11/12

敦煌莫高窟275窟 菩薩交脚像は北魏か北涼か


今回の黄土高原石窟巡りでは、古いところでは後秦時代とされる武山水簾洞千仏洞の菩薩像や、炳霊寺石窟169窟の西秦時代の仏像仏画などを見学した。それをまとめているうちに、これまではさまざまな文献やテレビの番組で北涼時代のものといわれてきて、私も北涼時代と思ってきた敦煌莫高窟275窟の菩薩交脚像を、北魏時代のものとする『北魏仏教造像史の研究』の石松比奈子氏の次の文が気になってきた。

『北魏仏教造像史の研究』(2005年)は、こんにち敦煌莫高窟で最も早期と見なされているのは第268、第272、第275の3窟で、時代について敦煌研究院は北涼期(北涼の支配は421-439)としている。ただし、3窟とも年代を確定できる材料があるわけではなく、近年宿白氏は様式的観点から3窟の年代を北魏の太和8年(484)頃から洛陽遷都(494)頃、雲崗石窟の影響を受けて開かれたとする新説を唱えている。また、桑山正進氏は第275窟の塑造菩薩交脚像の宝冠形式を検討した結果、やはり北涼期には遡り得ないことを指摘している。筆者も第275窟については、後述するように北魏まで下げるべきと考えている。
1989年に宿白氏が提起した新年代論は衝撃的であった。氏はこれら3窟には河西地区の石窟や炳霊寺石窟との共通性は少なく、むしろ雲崗石窟第2期(470-494)の影響が認められるとして、その上限を太和8年(484)頃、下限を「洛陽遷都(494)をあまり隔たらない時期」まで下げたのである。宿白氏の新説は現在までのところ学会で認められたとは言えないが、明確に反論する意見も出されていない。これら3窟の年代は敦煌のみならず涼州地区全体の石窟造像の年代に大きな影響力を持つはずであるが、現状では漠然と敦煌研究院の公式見解である北涼説が採用されているという。

敦煌莫高窟275窟は北涼時代ではなかったのだろうか。

菩薩交脚像 西壁(正壁)
同書は、西壁本尊に菩薩交脚大像、南北壁上段には闕形龕内菩薩交脚像2、樹形龕内の菩薩半跏思惟像1を塑造で作るが、みな天衣が肩を広く覆って臂に懸かる独特の形状を示しているという。
確かに両肩にはギザギザの天衣がかかり、肘の後ろから下に垂下して、交差した脚の奥から端が出ている。このような天衣は他に見たことがない。

同書は、これらの菩薩像の尊格については、交脚像は兜率天で説法する上生の弥勒、思惟像は龍華樹下で思惟する下生の弥勒と見なす解釈が多い。しかし、酒泉から出土した北涼時代の白双且石塔(434)では、6体の如来像と1体の菩薩半跏思惟像、1体の菩薩交脚像の8体が組み合わされており、その配置から交脚像は弥勒菩薩として造像されたと推定できる。したがって、本窟の思惟菩薩像の尊格についても慎重に検討する必要があろうという。
背後には逆三角形のが描かれている。これは靠背と呼ばれる椅子の背もたれに懸かる布で、炳霊寺石窟169窟16龕の菩薩思惟像(西秦)にも描かれているが、背後に回った布帛は16龕の方が長い。靠背は短い期間にしか見られないもののように記憶しているが、275窟内にも西秦時代の、あるいは炳霊寺石窟の影響が及んでいる証拠の一つといえよう。
敦煌莫高窟275窟西壁菩薩交脚像 『世界美術大全集3 三国・南北朝』より


莫高窟の実測図には東入口から入って1/3の所に壁のようなものがあるが、後世に造られたもので、すでに取り除かれている。

『敦煌の美と心』は、窟頂は中国中原地域の木造建築を模しており、中央の両端を切妻形に折りあげた人字坡、すなわち人の字型の構造をしている。
奥行7mの正面に初期における最大の塑像といわれる高さ3.4mの交脚弥勒菩薩像が、人々を迎えるように両手をひろげ泰然と坐っているという。
同書では弥勒菩薩としている。

敦煌莫高窟275窟立面図及び平面図 『中国石窟 敦煌莫高窟1』より


南壁上段 菩薩交脚像
『中国石窟 敦煌莫高窟1』(以下『中国石窟』)は、闕形龕にはひとしく交脚菩薩があり、弥勒が兜率天宮にいることを表現しているという。坐り方が交脚でも、両手の印相はそれぞれ異なる。
菩薩像の肩から腕には、天衣(あるいは披巾)がぺらっと懸かっているように見える。
(画像に書籍名のないものは、敦煌石窟陳列館で写したものです。以下同じ)


北壁上層

菩薩半跏像 塑造
275窟は小さな窟で、入ると正面に獅子を両側に従えた大きな菩薩交脚像がある。石窟の左右壁の上段に各3つの龕があるが、ほとんどが闕形龕と呼ばれる中国建築となっていて、中には菩薩交脚像が置かれている。そして、この写真の菩薩のみが半跏像で、樹形龕に坐している。
『中国石窟』は、双菩提樹龕には半跏坐思惟菩薩像が造られていて釈迦の後に弥勒が下生し、仏道を修行する姿であるという。
胸飾りや短い瓔珞をつけた菩薩の左肩には、折畳文を3つほどつくる布帛がかかる。これは主尊では描かれていただけの天衣が、塑土で表されたものである。
そして天衣は右肩も覆い、右脚の下に波状の揺らぎを出しながら、右足と左手の奥からその端はやや下方向に曲がっている。その端は折りたたまれていて、天衣は幅のある布帛であることを表している。
敦煌莫高窟275窟北壁上層菩薩半跏像 『中国石窟 敦煌莫高窟1』より

北魏窟の菩薩半跏像と比べてみると、

敦煌莫高窟257窟 菩薩半跏像 北魏(439-535) 塑造
菩薩の顔は275窟の主尊と似ているように思う。
宝冠を留める宝繒の端がひらひらと重なり、曲線的な折畳文をつくるところなどは、275窟よりも表現が進んだものと思われる。
『中国石窟』は、闕形の下に帷幔が出る龕内に弥勒菩薩が半跏に坐すという。
本像は天衣を肩から腕に添わせ、肘の内側に回しているところまではわかるが、その後天衣がどのようになっているのかは分からない。
敦煌莫高窟275窟北壁上層菩薩半跏像 『中国石窟 敦煌莫高窟1』より

上図の菩薩半跏像の天衣の表し方は、炳霊寺石窟169窟22龕の脇侍菩薩像(西秦)に似ている。

脇侍菩薩立像 22龕 高さ1.28m
肘の内側から垂下している披巾は、脚部の外側で風に揺れているような優美な表現なのだが、両肩から腕にかけて、こんな風に魚の背びれのように披巾(または天衣)を添わせることに、制作者は不自然さを感じなかったのだろうか。主尊の大衣の端が左肩から腕に添っているのをただ真似ただけだろうか。
炳霊寺石窟169窟22龕 西秦 『炳霊寺石窟第169窟 西秦』より


そして、何よりも高善穆北涼石塔(承玄元年、428、酒泉城内出土 蘭州市甘粛省博物館蔵の菩薩交脚像の天衣も、このような形式である。
『世界美術大全集東洋編3』は、7層の相輪の下に八つの仏龕をつくり、うち7龕には袈裟を通肩につける禅定印の如来坐像、残り1龕には化仏宝冠を戴き転宝輪印で交脚坐する菩薩像を半肉彫りで表す。これらが過去七仏と未来仏の計8軀であることは、他の作例に記された題記からも明らかであるという。
本石塔は、北涼時代に西秦時代の菩薩の独特な天衣が伝わっていたことを示しているが、275窟の菩薩像でこのような天衣は見られない。両肩から腕にかけて天衣が掛けられ、その衣端が折畳文のようになっている。それはやはり様式が進んだ北魏時代の制作であることを示しているのだろうか。
高善穆北涼石塔部分 承玄元年(428) 甘粛省博物館蔵 『世界美術大全集東洋編3 三国・南北朝』より

菩薩の宝冠(三面頭飾)について
『北魏仏教造像史の研究』は、桑山正進氏も第275窟左右壁の塑造菩薩交脚像の宝冠について、ササーン朝ペルシャのヤズデガルド2世(在位438-457)の王冠形式の影響を指摘しているという。
ヤズデギルド2世の王冠がどのようなものかがわからないが、丸いものが3つ肉髻を囲んでいる。主尊の三面頭飾の正面には化仏が表される。
敦煌莫高窟275窟西壁菩薩交脚像 『中国石窟 敦煌莫高窟1』より

菩薩交脚像 北壁上層
宝冠は西壁菩薩交脚像と同じく丸い三面頭飾で、それぞれに化仏が配されているようだ。
また、主尊とおなじく天衣は両肩にかかり、肘の内側に回って斜め下に垂れる。その端の表現が主尊の天衣と似ている。
敦煌莫高窟275窟北壁上層菩薩交脚像 『中国石窟 敦煌莫高窟1』より

菩薩交脚像 北壁上層
三面頭飾には丸い文様がある。
そして、主尊と同じく天衣が両肩にかかり、肘の内側に回してその端は斜め下に張り出している。
敦煌莫高窟275窟北壁上層菩薩交脚像 『中国石窟 敦煌莫高窟1』より


『北魏仏教造像史の研究』は、筆者は北壁に描かれた本生図がみな『賢愚経』(北魏、慧覚等訳)に収められている物語である点に注目したい。
この経典は443年に慧覚が訳出したと伝えられており、本窟を北涼期の造営とするならば訳出以前に描かれたことになるという。
北涼は439年に北魏により滅亡しているので、下図のような具体的な本生図は描くことができなかっただろう。

南壁中層 四門出遊図
敦煌莫高窟275窟南壁四門出遊図 『中国石窟 敦煌莫高窟1』より

北壁中層 月光王本生図
敦煌莫高窟275窟北壁中層四門出遊図 『中国石窟 敦煌莫高窟1』より

北壁供養者像
下段は南北壁ともに供養者がそれぞれ主尊に向かって並んでいる。
『北魏仏教造像史の研究』は、胡服供養者列像についても、同様の胡服供養者列像は5世紀半ばから末頃までの北魏造像に常見されるという。
【メーカー純正品】【風呂ふた】旧品番:EKK81098WR3,AFKK81098R3 TOTO(トートー) 風呂フタR 2枚AFKKS81098RSAA21W
敦煌莫高窟275窟北壁供養者像 『世界美術大全集東洋編3 三国・南北朝』より

こんな風に275窟が北涼ではなく北魏に入ってからの開鑿であるというのが正解かも知れないが、炳霊寺石窟169窟(西秦)の影響もあることは間違いなく、宿白氏が河西地区の影響がないとする説には疑問がある。


関連項目

参考文献
「北魏仏教造像史の研究」 石松日奈子 2005年 ブリュッケ
「敦煌の美と心 シルクロード夢幻」 李最雄他 2000年 雄山閣出版株式会社
「中国石窟 敦煌莫高窟1」 敦煌文物研究所編 1982年 文物出版社